相続税が課税される財産と、課税されない財産

昨今、大相続時代と呼ばれるように、相続に関することが身の回りに多くなってきました。

相続には、不動産に関すること、税に関することが、深く関わってきます。

相続・不動産・税に関して、分かりやすくお伝え出来ればと思います。

相続税とは

相続税とは、亡くなった人の財産を、相続によって取得した個人に対して課される税金です。原則として、相続開始から10ヶ月以内に申告・納税する必要があります。

法定相続人の範囲と順位は、配偶者は常に相続人であり、第1順位は、直系の子。第2順位は親。第3順位は兄弟です。

[引用元:みずほ銀行「法定相続人について」https://www.mizuhobank.co.jp/tetsuduki/inheritance/houteisouzoku.html]

詳しくは国税庁「相続人の範囲と法定相続分」を御覧ください。

相続税が課税される財産と、課税されない財産

相続になったら、相続税が一体いくらになるのか気になるところです。それを計算するには、まず課税される財産と課税されない財産を洗い出します。

課税される財産は「金銭に見積もることができる経済的価値があるもの全て」「死亡保険金等のみなし相続財産」があります。

課税されない財産は「墓地等の公益事業用財産」「心身障害者共済制度に基づく給付金の権利」などがあります。


[引用元:ISY相続・贈与相談センター「相続税はこのように課税される」http://tax.tokyo.jp/isy_succession04]

詳しくは国税庁「相続税がかかる財産」「相続税がかからない財産」を御覧ください。

課税される財産を洗い出し、それぞれの課税評価方法で算出する必要があります。