路線価の読み方

土地の評価額を計算するには「路線価」を知る必要があります。路線価とは、国税庁が相続税や贈与税課税のために、道路ごとに決定した「土地の単価」のことです。その道路に接する土地は、この単価を基準に評価され、1㎡当たり千円単位で表示されます。

全国の路線価は、国税庁ホームページ「路線価図・評価倍率表」で公開されています。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

路線価図の読み方も、ホームページに掲載されています。
http://www.rosenka.nta.go.jp/docs/ref_prcf.htm

【クリックして拡大できます】

[引用:国税庁ホームページ「路線価図の説明」http://www.rosenka.nta.go.jp/docs/ref_prcf.htm]

ちなみに、弊社がある湘南台駅2丁目周辺の路線価(平成29年)です。
http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h29/tokyo/kanagawa/prices/html/76048f.htm

【クリックして拡大できます】

[引用:国税庁ホームページ「路線価図(平成29年度)湘南台2丁目」http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h29/tokyo/kanagawa/prices/html/76048f.htm ]

例えば、西口駅前のロータリーは「540C」と書いてあります。
これは、1㎡あたり54万円・借地権割合70%ということを意味しています。

路線価図をよく見ると、駅に近いと路線価が高くなり、遠くなるほど路線価が低くなります。また、広い道路は路線価が高く、細い道路は路線価が低くなる傾向があります。

余談ですが、路線価は公示価格の約80%が目安となってますで、0.8で割り戻せば、その土地の大体の相場を知ることが出来ます。

西口駅前ロータリーは、54万円÷0.8=67万5千円/㎡

1坪=3.30578㎡ですので

67万5千円×3.30578㎡=約223万円/坪となります。

実際の地価は、地形や条件等様々な要素を基に計算しますので、あくまでも相場を知る計算としてご参考頂ければと思います。

相続税が課税される財産と、課税されない財産

昨今、大相続時代と呼ばれるように、相続に関することが身の回りに多くなってきました。

相続には、不動産に関すること、税に関することが、深く関わってきます。

相続・不動産・税に関して、分かりやすくお伝え出来ればと思います。

相続税とは

相続税とは、亡くなった人の財産を、相続によって取得した個人に対して課される税金です。原則として、相続開始から10ヶ月以内に申告・納税する必要があります。

法定相続人の範囲と順位は、配偶者は常に相続人であり、第1順位は、直系の子。第2順位は親。第3順位は兄弟です。

[引用元:みずほ銀行「法定相続人について」https://www.mizuhobank.co.jp/tetsuduki/inheritance/houteisouzoku.html]

詳しくは国税庁「相続人の範囲と法定相続分」を御覧ください。

相続税が課税される財産と、課税されない財産

相続になったら、相続税が一体いくらになるのか気になるところです。それを計算するには、まず課税される財産と課税されない財産を洗い出します。

課税される財産は「金銭に見積もることができる経済的価値があるもの全て」「死亡保険金等のみなし相続財産」があります。

課税されない財産は「墓地等の公益事業用財産」「心身障害者共済制度に基づく給付金の権利」などがあります。


[引用元:ISY相続・贈与相談センター「相続税はこのように課税される」http://tax.tokyo.jp/isy_succession04]

詳しくは国税庁「相続税がかかる財産」「相続税がかからない財産」を御覧ください。

課税される財産を洗い出し、それぞれの課税評価方法で算出する必要があります。

J:COM番組「夕なび」に出演しました!

3月4日に放送されたJ:COMの番組「夕なび」で湘南実業が出演しました!「春だ!引越しするならわが町へ」をテーマに、湘南台の自慢の物件として弊社物件「グラン・コスタ湘南」を紹介して頂きました。「眺望が素晴らしい!」と皆さんから絶賛!ありがとうございました。J:COM番組「夕なび」はこちら>>